現代社会の様々な誘惑と肥満外来

現代社会には様々な誘惑がありますので、人は自分を律するのに一苦労します。

私などもジャンクフードが大好きなものですから、すぐに体重が増加してその度にダイエットをするという悪循環を繰り返したものです。

早い話が肥満は生活に依存するものだという事が言えます。

ジャンクフードを食べてばかりいたら当然太ります。

さりとて食べない食生活を続ける人も身体に異状が現われたりと大変です。

例えば大変な偏食家で決まった食べ物しか食べないという方もいるでしょう。

その様な方も太っていく原因の一つですし、是非とも肥満外来に一度通っていただいてはと感じます。

肥満外来は固定食に関するアドバイスや健康的にダイエットする方法などを的確にアドバイスしてくれます。

そのため自分流のダイエットをするという罠を避けることができます。

自分流のダイエットでも正しい知識があるひとはよろしいでしょうが、正しい知識もないのに、自己流でリバウンドするということが無いようにしなければなりません。

最悪、拒食症や過食症になるかもしれないといことを忘れないようにしましょう。

さて、巷にはやけ食いという言葉があるように、メンタルで傷ついてしまうと食欲増進や食欲減退してしまうという方も往々にして存在します。

これは人間の精神的防衛本能なので、無理に抑えることは難しいです。

そこで、やけ食いしてしまった時のダイエットの考え方を伝授しましょう。

食事のリズムに朝昼晩という大まかに三つの食事時間があるとして、このうちのどれかをやけ食いしてしまったら、後の二つを減らせばいいわけです。

さらに言うなら食事を一回に大量に取ったからといって、すぐに身につくものではありません。

ましてや元々太っている体というのは吸収もわるく、飢餓の人に比べるとその吸収率は半分以下くらいしかありません。

あとは全て排泄されるわけです。

肥満外来でリバウンドのないダイエットを!

もっと正確な知識がほしい方は上記のサイトにアクセスするとよろしいでしょう。

私の考察よりはやはり、肥満外来の先生のほうが遥かに正確な知識をもっているはずです。

そうです、太っているひとは、とりあえず肥満外来に言ってみると人生が変わるはずです。

なお私の考察にしても経験と勉強によるものなので参照にはなると考えます。